ビキニライン 黒ずみ 美容外科

vラインの黒ずみを病院で治す

Vラインの黒ずみが気になっている方はとても多いです。

 

そしてクリームなどを使って半年後対策を行っても効果がなくどうしたらいいのかと途方に暮れている方も少なくありません。

 

しかし皮膚科や美容外科で相談すると意外と簡単に解消することができます

 

そこでこのページではデリケートゾーンの黒ずみを解消してくれる皮膚科やクリニックの選び方そこで行う治療などについて解説していきたいと思います。

 

Vラインの黒ずみ本当に治療できるの

 

ビキニラインの黒ずみの根本改善は美容外科!

 

今まで色んな対策方法を試した方の中には、vラインの黒ずみは皮膚科で本当に治るのかと疑問に思う方もいると思います。

 

しかし市販品より遥かに効果が高いです。
それは専門の医者のもとで行うから
美白成分のも濃度が高いものを使うことはできますし、専門の医療器具を使うことができます。

 

レーザー治療でvラインの黒ずみを改善

治療まず皮膚科で行える治療方法としてはデリケートゾーンのレーザー光線をあてることがあります。
今までは手術しかなかったのですが、レーザーを使うことで簡単にクロスにが解消できるようになっているので安心してください。
ここではデリケートゾーンのレーザー治療とは何なのかどんなレーザーがあるのか副作用や費用などはどうなっているのかを解説していきます。

 

どうやってレーザーで治療するの
なぜレーザーで治療できるのでしょうか。
それはレーザー光線でメラニン色素をたくさん含んでいる肌を粉砕します。
メラニンが粉砕されます。
粉砕されたメラニンは肌の生まれ変わりとともに皮膚の上の方へ上がってきて剥がれて落ちていきます。
デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで解消できるのはこんな仕組み

 

デリケートゾーンは普通の体に使うレーザーよりもっと高精度なものを使う必要があります。
というのは皮膚の表面に中では一番薄いところだからです。
レザーにはいろいろな種類があって安いレーザーだと1回1万円で6回から12回治療する必要があります。

 

最新レーザーだと一回で10万以上かかりますが、必要な回数が少なくて済みます。

 

また痛みなどの有無や副作用などの違いもありますので、単純に費用と価格で選べるものではありません。

 

一般的にアイラインなどの小陰唇の部分がインティマレーザーの分の強いレーザーは使えないようになっています。

 

ハイドロキノン

ハイドロキノンは副作用が強くデリケートゾーンに使う回数は減少傾向にあります。
ハイドロ昨日はとても美白効果が高く効果が高いクリームなのですが、皮膚を極度に乾燥させてしまったり色々な副作用を引き起こして得取り分けデリケートゾーンには慎重に使われております。

 

最新の美白成分ルミキシルハイドロキノンの代わりに美白を使う一深く続出しています。
というのはルミキシルはほとんど刺激がないからです。

 

このような最新の美白成分を使っても黒ずみが解消されない場合はレーザー治療やピーリングなどの方法やトラネキサム酸などの内服も提案される場合があります。
どんな場合にしても皮膚科の先生が親身になって相談をしてくれます。
ので一度相談する価値は十分にあります。